小説

小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(58)

最終章1 別れを想像する 前回から間が空いてしまいましたが、前回の57回をふと読み返してみるとなんかキモさ100倍ですね。 えてして夜に書く文章というのはキモくなりがちです。 知ってはいましたが、...
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(57)

物語 最終章へ・・・ 最近思うこと,それは「このままではいけない」ということ。 今までも何回か頭をもたげたことではあるが,知らないふりをしてきた。 まだいいかと思ってきた。 自分がま...
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(56)

長谷川さん 脱毛する 少々際どい内容になりそうですが,長谷川さんが脱毛しました。 最近はメンズでも脱毛する人が多くなってきました。 あまり詳しくはありませんが,ヒゲだけとか全身とかできるようで,定...
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(55)

長谷川さん 犬を飼う(2) 名前はミミ。 ペットショップに引き取りに行った時から、モップみたいな体を上下させてはしゃいでいた。 抱っこされても膝の上で動き回るおてんばぶり。 誰にでも...
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(54)

長谷川さん 犬を飼う 以前書いたが、長谷川さんは犬を畜生としか見ていなかった。 そんな長谷川さんが、僕がペロを飼うようになると犬をちゃんとファミリーとして認識するようになった。 ま、ペロに関しては...
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(53)

長谷川さん 担当を切る 前回長谷川さんが家を購入したことを書いた。 言わずもがな,すんなりいく訳がない。 長谷川さんは,他社にも名が知れ渡っているくらい保険業界ではちょっとした有名人だ。 ...
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(52)

長谷川さん家を買う。 皆さんは持ち家派だろうか。 「賃貸vs持ち家」は議論になるところだが、結局はその人の目的による。 税金、維持費、購入費などトータルすると金銭面から言えば、賃貸がコスパがいいら...
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(51)

長谷川さんの思う「いい男」の基準について みんなさんの「いい男」の基準とは何だろうか。 これは男性・女性で基準にするものが違ってきそうだ。 例えば男性が思う「いい男」とは、仕事ができる、漢気がある...
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(50)

教員と保護者の恋愛ってあるのだろうか。過ぎゆく日々をつらつらと。
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(49)

占いを信じる長谷川さん。見えるNさんに言われた一言とは。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました