小説

小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(51)

長谷川さんの思う「いい男」の基準について みんなさんの「いい男」の基準とは何だろうか。 これは男性・女性で基準にするものが違ってきそうだ。 例えば男性が思う「いい男」とは、仕事ができる、漢気がある...
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(50)

教員と保護者の恋愛ってあるのだろうか。過ぎゆく日々をつらつらと。
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(49)

占いを信じる長谷川さん。見えるNさんに言われた一言とは。
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(48)

ワンコを飼ったことがあるだろうか。 ワンコを飼うと行動的にはなるが、行動範囲や時間が制限される。 遠出などおいそれとはできない。いわんや一泊をや。 軽井沢に長谷川さんと行った時は、ペロを動...
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(47)

教師と保護者の恋愛模様をノンフィクションでお届け。節目節目の奮闘を少しの笑いと共にのぞいてみてください。
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(46)

営業をやっている長谷川さんは,さすが人付き合いが上手い。 どんな会社やお店にいっても,すぐに相手の懐に入る。 長谷川さんの歯に絹着せぬ物言いがウケるのだろう。 その大半が似てる芸能人を言う...
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(45)

教師と保護者のノンフィクション恋愛小説。10歳年上の彼女である長谷川さんに振り回される僕の視点から描いた小説。疲れる毎日にフッと笑いをお届けします。
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(44)

教師と保護者の恋愛ストーリーをノンフィクションでお届けします。1話1分で読めてニヤリとすること必至。個性的な長谷川さんと保守的な僕との日常をご覧ください。
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(43)

ペロを飼うことになった2人の関係は・・・
小説

教師と保護者の恋愛小説「わかっているけど」(42)

教師と保護者の恋愛模様をノンフィクションでお届け。カジュアルな読み口で読みやすい。事実は小説より奇なり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました